FC2ブログ

和 西条楽車祭り Web Log

伊曽乃神社祭礼を中心に、西条のお祭り、出張イベント、御披露目 また西条の季節風景、西条でのイベント・行事をレポート掲載します。

伊勢神宮「立柱祭」。

  伊勢神宮の第62回式年遷宮行事の一つ「立柱祭(りっちゅうさい)」が3月4日、内宮の新しく建て替えられる(現在の正殿西隣)「新御敷地(しんみしきち)」で厳かに執り行われた。小工(こだくみ)と呼ばれる宮大工の打つ木づちの音が神域の森の中に「トン、トン、トン」と響き渡った。

 同祭は、2005年5月2日の「山口祭(やまぐちさい)」から始まった、20年に1度神宮の社殿など新しく建て替える「式年遷宮」行事の13番目に当たる祭典で、新しい御正殿の御柱(みはしら)を立てる祭り。古来より重要な祭りとしてその日時は天皇陛下により定められる。20年前は内宮が3月11日、外宮が同13日だった。

 鷹司尚武大宮司をはじめ神職ら40人、神宮式年造営庁の技術総監や小工、技師ら25人が参加。建築の神様「屋船大神(やふねのおおかみ)に神饌(しんせん)を供え、祝詞(のりと)が奏上されると一同が八度拝の作法で拝礼した。次に昔ながらの素襖烏帽子(すおうえぼし)姿の小工8人が2人ずつ4組に分かれ、南北の中の御柱4本を、続いて東西の中央の御柱2本、さらに東西の両隅の御柱4本計10本を木づちでそれぞれ3度打ち固めた。

 同祭は、「皇太神宮儀式帳」(804年)にも記され、平安初期のころにはすでに行われていたと考えられている。

 この日の午後からは、御正殿の東西の妻の束柱(つかばしら)に丸い形の穴を開ける祭典「御形祭(ごぎょうさい)」が行われた。3月6日の外宮「立柱祭」が執り行われる。


(ニュースより引用)

 
スポンサーサイト



  1. 2012/03/05(月) 23:35:52|
  2. 未分類

和 西条楽車祭り Web Log

04 ≪│2021/05│≫ 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

青囲みの日が、記事を掲載した日です。

ご意見・ご感想はこちら


はじめに

ひろ

Author:ひろ
和 西条楽車祭りHPにアクセスいただきありがとうございます。ごゆっくりご覧下さい・

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード